社会性を育むための塾

人生において必要な「社会性」

社会性は人生においてとても重要なものであり、幼児期のうちに基礎を身に付けることは大切です。 本来は家族や友達といった人との関わりで自然と身についてくものですが、近年の環境ではそれが難しくなってきている現状です。 なぜ社会性を学ぶ塾が増加しているのか、社会性の大切さについてまとめました。

発達障害が引き起こす

発達障害の原因は生まれつきの脳発達だけでなく、周囲の人との関わりや取り巻く環境が大きく影響する社会生活に困難が生じてしまいます。 例えば、友人とのトラブルやコミュニケーションが上手くとれないことから孤立。 自分の居場所がなくなり登校拒否や引きこもりになってしまう症状や状態を引き起こしてしまうのです。

幼稚園児から小学生に必要な社会性

子どもたちが学校で楽しく過ごせるために、必要だといわれる社会性は以下のものがあげられます。 人の話を聞く、ルールを守る、順番に話す、人と仲良くし怒らない、自分の行動に責任を持つ、助けを求める。 協調性よりも、「自己主張をしながら人のことを気にかけることができる」が大切であるといわれています。

近年では育成が難しい「社会性」

塾といえば一般的に学力を強化する「学習塾」のイメージが強いですね。
主に進学を目指す「進学塾」、学校の授業についていくための「補習塾」など学習を重点的に置いています。

しかし最近、学習以外にも社会性を育成する塾が増加しているのをご存知ですか?
挨拶や対人関係、集団行動でのルールなマナーなどといった「社会性」を育むことをねらいとした授業が行われています。

どんな状況でも対応できる柔軟性や人の気持ちをよく知ること、うまく人付き合いができることなどといったよりよい人間関係を築く「社会性」は勉強の成績よりも大きく人生に関わってくることです。
「社会性」は人生のなかでずっと学び続けていくものだといわれており、人生の成功や幸福にも繋がってくるものです。

社会性は人間関係のなかで育成されていくものですが、昔と比べて私たちを取り巻く環境には年々大きな変化がみられます。
これは大人だけではなく、特に小さなお子様の社会性の育成に大きく影響しているのです。
少子高齢化や核家族化が進み、近所付き合いや子ども同士で遊べる環境だけでなく、家族同士の交流も減少しています。
こういった現在の環境のなかでは人と人との触れ合いが難しく、対人コミュニケーションがとれないだけでなく発達障害の可能性のある児童や生徒が増えてきているとのデータもあります。

かといって現実問題、昔のような近所付き合いや家族交流は難しい環境にあります。
なので学習だけでなく「社会性」を育成する塾が近年増えてきたのです。
発達障害の診断を受けた子どもだけでなく、集団行動が苦手な子や集中して話が聞けないという子など広く対応しており、小学校入学前に利用することが多いそうです。