幼稚園児から小学生に必要な社会性

幼児教室こどもクラブとは

1歳から学ぶ幼少一貫の幼児教室、知性と社会性、心の発達を高める「幼児教室こどもクラブ」
全国80教室、海外4教室と展開していますのでお近くの教室に通うことができます。

1歳児コースから小学生クラスまでコースが分けられており、お子様の年齢に合った授業を受けることができます。
また、小学校受験コースもあり幼児教育45年の実績と豊富な知能開発カリキュラムで指導が行われています。

幼児期では知能・社会性・情緒・体力など全ての面での基礎が大事であると考えるこどもクラブ。
文字・数・常識・図形・推理・記憶・製作・運動の8つの分野の力をバランスよく育てていくのが特徴のひとつです。
オリジナルの教材や生活経験を通して、お子様の見る力・聞く力・考える力・対応する力を育成すると同時に集中力や記憶力も養います。

こどもクラブが行う社会性を養う授業

10名前後でクラスを編成し、各クラスに講師2名で行う社会性を養う授業です。
あいさつやお片づけ、人付き合いのルールやマナーなどを学びながら思いやりのこころを育てます。
適度な集団性なので、お子様ひとりひとりに指導員の目が行き渡る安心できる環境です。

こどもクラブでは主に以下の社会性を学ぶことができます。
返事ができること、ありがとうやごめんなさいが言えること、友達に対して親切にできることなどの「行儀」
先生の指示に従うことができること、いたずら・私語・わがままが我慢できることなどの「けじめ」
親から離れて集団活動や学習ができること、自力で出来た満足感や自身で体験できるなどの「自立心」
当番などグループを代表する活動ができること、自身またはグループで使ったものの後片付けができるなどの「責任感」


この記事をシェアする